本校の沿革
                 
   昭和22年04月01日  鳥越中学校(阿手分校を置く)、吉原中学校、河野中学校を設立する。
   昭和23年04月01日  3校を統合して鳥越中学校とし、新校舎が建設されるまでは従前の4 ヵ所で授業を行う。
   昭和24年06月01日  石川郡編入により石川郡鳥越村立鳥越中学校と改称
   昭和26年08月20日  新校舎完成により現在地へ移転する。阿手分校を除く村内全生徒本校に通学することとなる。
   昭和26年10月05日  校舎新築落成式を挙行する。校歌制定(作詞 大沢 衛、作曲 佐々木 宣男)、校章制定、同窓会設立
   昭和27年01月13日  河野中学校の仮校舎を改築し冬季間の寄宿舎とする。
   昭和27年03月20日  校旗樹立
   昭和30年11月07日  上野小学校の一部を移転し特別教室とする。
   昭和33年11月22日  体育館新築落成式
   昭和35年11月26日  統合10周年記念式
   昭和36年08月31日  生徒急増に伴い3教室増築
   昭和37年03月31日  阿手分校を廃止し本校に統合する。
   昭和39年01月07日  寄宿舎改築
   昭和44年07月14日  水泳プール完成
   昭和44年10月29日  日本学校安全会指定学校安全研究発表会開催
    昭和49年06月20日  英語LL教室完成
   昭和53年11月09日  文部省指定道徳教育研究発表会開催
   昭和54年01月18日  新鉄筋校舎落成式
   昭和54年03月30日  同窓会名簿「鳥越の学窓」発刊  
   昭和54年04月25日  運動場拡張工事完了             
   昭和56年08月14日  運動場夜間照明完成
   平成元年09月30日  LL教室の改装(新機種と取り替え)
   平成05年02月24日  教育課程の改定に伴い、コンピュータ教室新築落成
   平成05年10月25日  文部省指定道徳教育研究発表会開催
   平成09年04月01日  石川県社会福祉協議会よりボランティア活動普及事業協力校の指定を受ける。
   平成09年07月20日  創立50周年記念事業実行委員会発足
   平成10年11月30日  創立50周年記念誌「鳥越中学校50年誌」並びに「同窓会員名簿」の発刊
   平成11年02月20日  体育館新築落成式、創立50周年記念式典、記念講演会
   平成11年04月01日  石川県教育委員会より情報処理技術者派遣校の指定を受ける。
   平成11年05月06日  周辺整備工事(運動場拡張工事、バックネットフェンス工事含む)完了
   平成11年09月30日  校舎大規模改修工事(防水改修、配管・暖房設備改修)完了コンピュータ教室新機種導入
   平成12年04月01日  文部省より学校ボランティア等活用推進校の指定を受ける。
   平成13年08月20日  中国南京大学附属中学校と友好校調印
   平成13年09月20日  校舎大規模改造工事完了
   平成14年11月09日  第38回花いっぱいコンクール中学校の部優秀賞受賞
   平成16年04月01日  石川県教育委員会の「評価を生かした学力推進」研究校の指定
   平成17年02月01日  市町村合併により名称が白山市立鳥越中学校となる。
   平成17年11月17日  石川県教育委員会指定「評価を生かした学力向上推進事業」研究発表会
   平成18年06月24日  新プール竣工式
   平成20年10月18日  創立60周年記念式典、記念演奏会
   平成20年11月16日  第44回花いっぱいコンクール中学校の部優秀賞受賞
   平成21年11月15日  第45回花いっぱいコンクール中学校の部優秀賞受賞
   平成22年10月15日  白山市教育委員会指定学力向上パイオニア・プラン公開研究発表会開催
   平成23年01月26日  校舎耐震工事完了
   平成23年04月01日  石川県教育委員会「読書モデル推進校」に指定される
   平成23年04月23日  「子ども読書活動優秀実践校」として文部科学大臣表彰を受賞する
   平成25年04月05日  河内中学校と統合
  (校章のいわれ)
  
   河野・別宮・吉原の三つの地区にあった教場を一つに統合した昭和二十六年に,当時の教職員  の考案協議によって制定された。
   花の持つ和やかな優しい心の徳育を中心に,ペンが表す学究の知育と,伸びゆく松の表す健や  かな体育によって,限りなく躍進することを願い,併せて三地区の特性を統合結集し,進展の原  動力となることを表現している。